貨幣論のルーマン : <社会の経済>講義

春日淳一 著

「支払い」相手は存在する。わたしたちの複雑な社会の経済が、明日も営まれうるのはなぜか?社会システム理論の魅力の源へと読者を誘う、最良の入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 コミュニケーションのシステムとしての社会の経済
  • 第2章 貨幣の一般化
  • 第3章 価格
  • 第4章 貨幣と道徳
  • 第5章 貨幣と時間
  • 第6章 貨幣と言語
  • 第7章 貨幣と労働
  • 第8章 市場の非対称
  • 第9章 市場の自己準拠-現代市場社会の観察
  • 第10章 「仮構の他者」としての貨幣
  • 補論 経済学の理論とルーマン理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貨幣論のルーマン : <社会の経済>講義
著作者等 春日 淳一
書名ヨミ カヘイロン ノ ルーマン : シャカイ ノ ケイザイ コウギ
書名別名 Das Geld der Gesellschaft bei Niklas Luhmann
出版元 勁草書房
刊行年月 2003.5
ページ数 166, 9p
大きさ 20cm
ISBN 4326652799
NCID BA62138634
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20412772
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想