糖尿病と生体元素

荒川泰行 ほか編

本書では、まず、糖尿病とは何か、すなわち、糖尿病の定義を基礎的に理解していただいた後、糖尿病と生体元素との関わりあいについて概説されている。続いて、糖尿病を制御する元素を選び、クロム(Cr)、セレン(Se)、バナジウム(V)、亜鉛(Zn)、マンガン(Mn)、そしてカルシウム(Ca)とマグネシウム(Mg)と糖尿病との関連について、世界の最先端の研究を紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 糖尿病とは何か
  • 2 糖尿病と生体元素(Over View)
  • 3 糖尿病とクロム
  • 4 糖尿病とセレン
  • 5 糖尿病とバナジウム
  • 6 糖尿病と亜鉛
  • 7 糖尿病とマンガン
  • 8 糖尿病とカルシウム・マグネシウム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病と生体元素
著作者等 荒川 泰行
木村 美恵子
桜井 弘
高木 洋治
日本微量元素学会
書名ヨミ トウニョウビョウ ト セイタイ ゲンソ
シリーズ名 臨床からみる生体元素シリーズ / 日本微量元素学会 監修 第2巻
出版元 学会センター関西 : 日本学会事務センター事業部
刊行年月 2003.4
ページ数 115p
大きさ 26cm
ISBN 4906417582
NCID BA62137358
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20566416
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想