六本木の赤ひげ

飯島一孝 著

アクショーノフ医師が東京に外国人向けのクリニックを開業して半世紀が経つ。マイケル・ジャクソン、マドンナ、シラク大統領らを診察、A級戦犯の松岡洋右らの「遺言」を聞くなど、有名人から貧しい患者まで、こころに沁みる話がつまっている。スパイ事件に巻き込まれるなど、波瀾万丈の半生は戦中、戦後の裏面史といえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 有名人から貧しい人まで
  • 第2部 クリニックの日々
  • 第3部 六十年ぶりの里帰り
  • 第4部 冷戦の狭間で
  • 第5部 困難を乗り越えて
  • 第6部 交友紳士録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 六本木の赤ひげ
著作者等 飯島 一孝
書名ヨミ ロッポンギ ノ アカヒゲ
出版元 集英社
刊行年月 2003.5
ページ数 185p
大きさ 20cm
ISBN 408775314X
NCID BA62135308
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20407745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想