中世後期語論考

出雲朝子 著

[目次]

  • 第1部 『玉塵抄』についての研究(東大国語研究室蔵本の研究
  • 叡山文庫蔵本におけるオ段長音の開合の混乱について ほか)
  • 第2部 キリシタン用語についての研究(「免許」について
  • 「実」について ほか)
  • 第3部 絵巻の画中詞についての研究(中世末期における東国方言の位相-『鼠の草子絵巻』の画中詞をめぐって
  • 『鼠の草子絵巻』諸本の画中詞における人称詞と敬語-性差の観点を中心に)
  • 第4部 通時的研究(ハ・バ・パ行音を頭音とする擬態語・擬音語の変遷)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世後期語論考
著作者等 出雲 朝子
書名ヨミ チュウセイ コウキゴ ロンコウ
出版元 翰林書房
刊行年月 2003.5
ページ数 530p
大きさ 22cm
ISBN 4877371745
NCID BA62129881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20437876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想