東アジアと日本の考古学  3 (交流と交易)

後藤直, 茂木雅博 編

漢字文化圏に共通するさまざまなテーマをめぐって日・中・韓の研究者が共同で執筆。最新の研究成果を披瀝するなかで比較研究への新たな視座を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本と大陸の交流
  • 縄文時代の日韓交流
  • 朝鮮半島と日本列島の青銅器の比較
  • 黄海をめぐる鉄技術・文化の展開-戦国時代の燕、朝鮮半島の三韓・三国時代を中心に
  • 日本出土の「新羅系」馬装具の系譜
  • 加耶、百済の初期馬具-その源流と特徴を中心に
  • 日本と朝鮮半島の鉄製甲冑-短甲を中心に
  • 貨幣
  • 東アジアの貝珠文化
  • 総括-論点の整理と研究の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアと日本の考古学
著作者等 後藤 直
茂木 雅博
書名ヨミ ヒガシアジア ト ニホン ノ コウコガク
書名別名 交流と交易
巻冊次 3 (交流と交易)
出版元 同成社
刊行年月 2003.5
ページ数 274p
大きさ 22cm
ISBN 488621262X
NCID BA62118218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20504400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想