眼球譚 : 初稿

オーシュ卿 著 ; 生田耕作 訳

一九二八年にオーシュ卿という匿名で地下出版されたバタイユの最初の小説。本書は、著者が後に新版として改稿したものと比べて全篇にわたって夥しい異同がある。サド以来の傑作と言われるエロティシズム文学として、「球体幻想」を主軸に描き上げた衝撃作であり、二十世紀の文学史上、最も重要な異端文学のひとつとして評価され続けている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 眼球譚 : 初稿
著作者等 Bataille, Georges
Lord Auch
生田 耕作
バタイユ ジョルジュ
書名ヨミ ガンキュウタン : ショコウ
書名別名 Histoire de l'oeil

Gankyutan
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2003.5
ページ数 170p
大きさ 15cm
ISBN 4309462278
NCID BA62108305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20395844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想