中世の日記の世界

尾上陽介 著

日本人の日記好きはしばしば指摘されています。日記は、記主が独自の価値観と興味関心にもとづいて書いた記録であり、そこにはその時代を生きた人びとの社会生活や精神生活がなまなましく記録されています。日本には、平安時代後期から数多くの日記が残されており、中世にはいると形態・内容ともに多種多様なものがみられるようになります。このような個性的な中世の日記の世界について、貴族の日記などから、その実像と魅力を解き明かしてみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日記史上の中世
  • 1 中世の日記帳(具注暦
  • 暦に記事を書く工夫 ほか)
  • 2 日記にみえる世界(個人的な視点と感情の吐露
  • なまなましい記述 ほか)
  • 3 日記を書くことの意味(官人にとっての日記
  • 清書された「家記」 ほか)
  • 4 日記の利用(形態面での工夫
  • 首書と目録 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の日記の世界
著作者等 尾上 陽介
書名ヨミ チュウセイ ノ ニッキ ノ セカイ
書名別名 Chusei no nikki no sekai
シリーズ名 日本史リブレット 30
出版元 山川出版社
刊行年月 2003.5
ページ数 104p
大きさ 21cm
ISBN 4634543001
NCID BA62101102
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20413065
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想