馬琴一家の江戸暮らし

高牧實 著

いわずとしれた伝奇小説『南総里見八犬伝』の作者滝沢馬琴は、実に具体的かつ詳細な日記を残している。長男の嫁の路も、馬琴のあとをついで同様の日記を書き続けた。下級とはいえ武士であることを意識し続けた馬琴も、隠居後の生活は町人のそれにほぼ近い。家族の結婚、お産、離縁、死別から台所事情、近所づきあい、祝儀のやりとりまで、十九世紀中頃を生きた江戸市井人たちの四季折々を垣間見る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 滝沢馬琴家の家族
  • 家族の結婚、お産、離縁
  • 家族の死別
  • 住居、ペット、風呂
  • 馬琴の財布、路の財布、男の家事
  • 近所づきあい、助けあい
  • 四季の歳事、食べもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 馬琴一家の江戸暮らし
著作者等 高牧 実
書名ヨミ バキン イッカ ノ エド グラシ
書名別名 Bakin ikka no edo gurashi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2003.5
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 4121016998
NCID BA62092384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20433011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想