越の万葉集

高岡市万葉歴史館 編

越(若狭・越前・加賀・能登・越中・越後・佐渡)で詠まれた、越を詠んだ歌を空間的に、また家持が越中に赴任した天平十八年(746)から都に帰任する天平勝宝三年(751)までを時間的に年次ごとに解析。新たな万葉歌が蘇る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論-「越中万葉の世界」について
  • 天平十八年越中守家持
  • 家持の天平十九年
  • 越中諸郡巡行の歌をめぐって-家持の天平二十年
  • 天平二十一年の家持
  • 天平勝宝二年の家持-歌作りと歌巻の編纂
  • 越の万葉-天平勝宝三年
  • 中臣宅守狭野弟上娘子贈答歌群-歌物語・歌語り論の行方
  • 国境の池主、家持の国境-"越中万葉"の「越前」
  • 万葉歌に見る「越国」の素描
  • 大伴池主・家持と「深見村」-万葉集と加茂遺跡木簡を中心に
  • 古代北陸の宗教的諸相-越中を中心として

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越の万葉集
著作者等 高岡市万葉歴史館
書名ヨミ コシ ノ マンヨウシュウ
シリーズ名 万葉集 6
高岡市万葉歴史館論集 6
出版元 笠間書院
刊行年月 2003.3
ページ数 378p
大きさ 20cm
ISBN 4305002361
NCID BA62090742
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20514841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想