環境問題と経営学

貫隆夫, 奥林康司, 稲葉元吉 編著

本書の目的は、市場経済がグローバル化する現在の状況のもとで環境問題に対処するために企業やNPO、地方自治体の経営実践においてどのような取組みがなされているのか、また経営学として環境問題や環境経営をどのように捉えるのか、それぞれの視点で論じようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 環境問題と経営、経営学-"循環の3S(スモール、ショート、スローな循環)"の提唱
  • 第1章 環境活動による企業価値の創造-宝酒造の環境経営
  • 第2章 環境配慮への取組み-キヤノンの環境経営
  • 第3章 消費者の目から見た環境問題-生活協同組合コープこうべの経験
  • 第4章 都市の持続可能性と行政の役割-西宮市の環境行政
  • 第5章 地球温暖化問題への対応-再生可能エネルギー利用の拡大
  • 第6章 循環型社会と経営革新-企業の環境行動を中心に
  • 第7章 環境問題と経営のパラダイム転換-これまでの限界とこれからの指針
  • 第8章 環境経営学の展望-環境経営の課題と地球環境問題のトリプルジレンマ
  • 第9章 環境会計の現状と課題-企業経営に役立てるためには何が必要か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境問題と経営学
著作者等 奥林 康司
稲葉 元吉
貫 隆夫
書名ヨミ カンキョウ モンダイ ト ケイエイガク
シリーズ名 経営学のフロンティア 2
出版元 中央経済社
刊行年月 2003.5
ページ数 196p
大きさ 22cm
ISBN 4502368709
NCID BA62080840
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想