生き残るフランス映画 : 映画振興と助成制度

中川洋吉 著

アメリカ映画が世界を席巻する中、映画大国の地位を保持し続けるフランス。その理由はなにか。映画産業のシステムを探る。フランスの映画助成制度を詳述した初の単行本。日本映画振興策のモデルとして。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 フランス映画を支えるシステム
  • 第1章 CNC(フランス国立映画センター)
  • 第2章 テレビ局の重要性
  • 第3章 映画の著作権とSACD(演劇的著作者作曲者協会)
  • 第4章 フェミス・国立映画学校
  • 第5章 映画の保存とリーガル・デポジット制度
  • 第6章 FNCF(フランス映画館連盟)
  • 第7章 無制限パス
  • 第8章 アート作品上映館と助成制度

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生き残るフランス映画 : 映画振興と助成制度
著作者等 中川 洋吉
書名ヨミ イキノコル フランス エイガ : エイガ シンコウ ト ジョセイ セイド
書名別名 Ikinokoru furansu eiga
出版元 希林館 : 星雲社
刊行年月 2003.5
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 4434030612
NCID BA62076195
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20403748
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想