生と死の図像学 : アジアにおける生と死のコスモロジー

林雅彦 編

[目次]

  • 第1章 アジアに流伝する「生死論」と絵解き
  • 第2章 絶後再蘇の構造-道元禅の展開
  • 第3章 天寿国繍帳小考
  • 第4章 串刺しの母-地獄図と目連救母説話
  • 第5章 『二十四孝』の絵画二題
  • 第6章 「十便十宜図」を読む
  • 第7章 「死絵」について-基礎的事項の確認
  • 第8章 田能村竹田の題画詞
  • 第9章 「道成寺縁起」のことばと絵画-絵解きを視座としつつ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生と死の図像学 : アジアにおける生と死のコスモロジー
著作者等 原 道生
徳田 武
林 雅彦
池沢 一郎
渡 浩一
高瀬 多聞
金山 秋男
書名ヨミ セイ ト シ ノ ズゾウガク : アジア ニ オケル セイ ト シ ノ コスモロジー
書名別名 Sei to shi no zuzogaku
シリーズ名 明治大学人文科学研究所叢書
出版元 至文堂
刊行年月 2003.3
ページ数 426p
大きさ 22cm
ISBN 4784302565
NCID BA62074666
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20443388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想