日本の労働研究 : その負の遺産

野村正實 著

今日の日本の労働研究において常識となっている内部労働市場論は、隅谷三喜男氏の1974年論文「日本的労使関係論の再検討」からはじまり、小池和男『職場の労働組合と参加』(1977年)をへて、小池和男『仕事の経済学』(1991年)によって完成した。本書は、日本労働研究の巨大な負の遺産となっているこの日本的内部労働市場論を理論的・実証的に精査し、その清算と、労働研究の根本的な建て直しを提唱する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本的内部労働市場論の成立と展開(日本的内部労働市場論の成立
  • 日本的内部労働市場論の展開
  • 日本における内部労働市場論の特異性-国際比較)
  • 2 労働研究の方向性(「労働問題研究」の終焉
  • 労働研究の可能性-1990年以後
  • 賃金とフェアネス-石田光男『賃金の社会科学』(1990年)の批判的検討)
  • 負の遺産の清算を

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の労働研究 : その負の遺産
著作者等 野村 正実
書名ヨミ ニホン ノ ロウドウ ケンキュウ : ソノ フ ノ イサン
シリーズ名 Minerva人文・社会科学叢書 82
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2003.5
ページ数 325p
大きさ 22cm
ISBN 4623038130
NCID BA6207125X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20416142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想