EBM健康診断

矢野栄二, 小林廉毅, 山岡和枝 編

本書は、わが国の健康診断制度の中でも、体系的に実施され、かつ受診率も高い職域健康診断について、Evidence Based Medicineの立場から、原理的な有効性と健診実施環境下での効果の両側面から検証が行われている。その内容は、4部構成で、健診とその評価法からはじまり、職域における健診項目の検討、社会の中での健診の意義と国際比較、健診とこれからの職域健康管理活動について実証的な検討を行っている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 健康診断とその評価法(健康診断の有効性と有用性
  • スクリーニング
  • メタ・アナリシス
  • 医療経済評価)
  • 第2部 職域における健康診断項目の検討(自覚症状とうつの検査
  • 身体測定
  • 視力検査
  • 聴力検査 ほか)
  • 第3部 健康診断の歴史と今後の方向性(わが国の健康診断の歴史
  • これからの職域健康管理活動)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 EBM健康診断
著作者等 小林 廉毅
山岡 和枝
矢野 栄二
荒木 葉子
書名ヨミ EBM ケンコウ シンダン
出版元 医学書院
刊行年月 2003.4
版表示 第2版.
ページ数 225p
大きさ 26cm
ISBN 426010635X
NCID BA62065993
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20402968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想