ここまできた自己修復材料 : 信頼性と経済性を高めるキーマテリアル

自己修復材料研究会 編

航空機の墜落、原子力発電所の事故、スペースシャトルの空中分解事故など、材料の損傷が原因の深刻な事故は後を絶たない。このような事故を防ぎ、構造物や材料の安全性や信頼性を確保するために、生命体と同様な自己修復機能を持たせようという試みが続けられてきた。本書では、材料全般にわたってそれぞれの特性を熟知する専門家がやさしく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 生命体に学ぶ工業材料の自己修復
  • 第2章 高分子材料の自己修復-ナノレベルの修復反応
  • 第3章 耐食鋼の自己修復-自己修復する保護膜
  • 第4章 耐熱鋼の自己修復-微小な傷をカサブタで修復
  • 第5章 セラミックスの自己き裂治癒-稼働下でもき裂を完全治癒できるセラミックス
  • 第6章 コンクリートの自己修復-事故を防ぐコンクリートのスマート化
  • 第7章 複合材料の自己修復-き裂を接着して修復
  • 第8章 これからの自己修復材料研究

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ここまできた自己修復材料 : 信頼性と経済性を高めるキーマテリアル
著作者等 未踏科学技術協会
自己修復材料研究会
書名ヨミ ココマデ キタ ジコ シュウフク ザイリョウ : シンライセイ ト ケイザイセイ オ タカメル キー マテリアル
シリーズ名 K books series 178
出版元 工業調査会
刊行年月 2003.5
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 4769341636
NCID BA62065064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20542948
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想