乳幼児期の子どもたち

坪井節子 編

[目次]

  • 1 赤ちゃんとおとなのパートナーシップ(赤ちゃんの人権
  • 赤ちゃん・子ども・おとな・どこが違う? ほか)
  • 2 子ども虐待予防について-地域保健と乳幼児(母子保健の仕組み
  • 保健センターにおける子ども虐待の発見の場 ほか)
  • 3 育児と保育の権利の構造についての試論-保育所保育を中心に(親の育児責任(育児権)と国の援助責任
  • 地域の子育て文化と育児の社会化について ほか)
  • 4 乳幼児期における子どもの人権(乳幼児期の子どもの人権とは?
  • 子どもを取り巻く現代社会の状況 ほか)
  • 5 乳幼児虐待の防止と保護者への援助(乳幼児虐待の現状
  • 乳幼児虐待の背景と発生要因 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 乳幼児期の子どもたち
著作者等 坪井 節子
子どもの人権双書編集委員会
書名ヨミ ニュウヨウジキ ノ コドモタチ
シリーズ名 子どもの人権双書 7
出版元 明石書店
刊行年月 2003.5
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 4750317284
NCID BA62060945
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20416825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想