カルチュラル・ターン、文化の政治学へ

吉見俊哉 著

カルチュラル・スタディーズの地平から、消費文化とサブカルチャー、グローバル化とメディア・ナショナリズム、新しい空間論と文化的公共圏等々の問題を広く深く論じ、現代社会を批判的に読み解く豊饒な理論の集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 カルチュラル・ターン、文化の政治学へ
  • 1 カルチュラル・スタディーズとは何か(岐路に立つカルチュラル・スタディーズ
  • 経験としての文化言語としての文化 ほか)
  • 2 グローバル化の文化地政学(グローバル化と脱‐配置される空間
  • グローバル化のなかの文化と権力 ほか)
  • 3 メディア天皇制とナショナリズム(メディア天皇制とカルチュラル・スタディーズの射程
  • 雑誌メディアとナショナリズムの消費 ほか)
  • 4 変容するメディアと文化的公共圏(読書の崩壊と文化的公共圏
  • メディア・リテラシーと文化の批判的実践 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カルチュラル・ターン、文化の政治学へ
著作者等 吉見 俊哉
書名ヨミ カルチュラル ターン ブンカ ノ セイジガク エ
出版元 人文書院
刊行年月 2003.5
ページ数 377p
大きさ 20cm
ISBN 4409040596
NCID BA62060865
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20429689
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想