日本古代宮都構造の研究

小澤毅 著

考古学と文献史学の最新成果をもとに、飛鳥諸宮・藤原京・平城京を詳細に比較検討し、古代国家形成の実相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 飛鳥諸宮の展開(伝承板蓋宮跡の発掘と飛鳥の諸宮
  • 小墾田宮・飛鳥宮・嶋宮
  • 飛鳥浄御原宮の構造 ほか)
  • 第2部 藤原京の成立とその様相(古代都市「藤原京」の成立
  • 藤原京の造営と京域をめぐる諸問題
  • 藤原京の条坊と寺院占地)
  • 第3部 平城京の構造(平城京の条坊と宅地
  • 宮城の内側
  • 平城宮中央区大極殿地域の建築平面)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本古代宮都構造の研究
著作者等 小澤 毅
小沢 毅
書名ヨミ ニホン コダイ キュウト コウゾウ ノ ケンキュウ
出版元 青木書店
刊行年月 2003.5
ページ数 387, 8p
大きさ 22cm
ISBN 4250203093
NCID BA62053564
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20424817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想