新しい発生生物学 : 生命の神秘が集約された「発生」の驚異

木下圭, 浅島誠 著

受精卵が分裂を繰り返し、やがて骨や筋肉、内臓ができる。そのプロセスで起こる「分化誘導」研究の第一人者であり、タンパク質"アクチビン"の誘導作用を発見した著者らが、細胞同士のかかわり合いが生物の体をつくりあげていく発生現象のメカニズムを最新の成果とともにわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 動物の体と形づくり
  • 第2章 細胞分化のメカニズム
  • 第3章 体をつくる最初の情報
  • 第4章 胚誘導-コミュニケーションの始まり
  • 第5章 体軸をつくる「分子」
  • 第6章 器官形成-部分のパターンをつくる誘導
  • 第7章 ガンと老化
  • 第8章 再生医学の可能性

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新しい発生生物学 : 生命の神秘が集約された「発生」の驚異
著作者等 木下 圭
浅島 誠
書名ヨミ アタラシイ ハッセイ セイブツガク : セイメイ ノ シンピ ガ シュウヤクサレタ ハッセイ ノ キョウイ
書名別名 Atarashii hassei seibutsugaku
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2003.5
ページ数 256p
大きさ 18cm
ISBN 4062574101
NCID BA62041554
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409626
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想