脳とコンピュータはどう違うか : 究極のコンピュータは意識をもつか

茂木健一郎, 田谷文彦 著

物質からできている脳に、なぜ意識が宿るのか。それなら、究極のコンピュータは意識をもつだろうか。それとも、脳とコンピュータはまったく別物か。脳とコンピュータを比較しながら、認知、知能、意識の根本に迫る、脳科学とコンピュータ科学のユニークな入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 脳とコンピュータはどう違うのか?
  • 第2章 コンピュータの動作の実際
  • 第3章 脳の動作と機能:反応選択性
  • 第4章 ニューラルネットワーク
  • 第5章 ニューラルネットワークの数理
  • 第6章 脳の中の生成のプロセス
  • 第7章 コンピュータ内で情報はどのように表現されるか?
  • 第8章 神経活動による情報のコーディング
  • 第9章 脳のミステリーと未来のコンピュータ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳とコンピュータはどう違うか : 究極のコンピュータは意識をもつか
著作者等 田谷 文彦
茂木 健一郎
書名ヨミ ノウ ト コンピュータ ワ ドウ チガウカ : キュウキョク ノ コンピュータ ワ イシキ オ モツカ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2003.5
ページ数 207, 7p
大きさ 18cm
ISBN 4062574128
NCID BA62041022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想