杉田久女

坂本宮尾 著

杉田久女は生前一冊の句集もなく、自らの評価を死後に求めて、文人の資格たる詩書画の才を磨きつつ、俳句一筋に生きた。久女と親交のあった山口青邨を師とする著者が、久女の故地を探訪し文献資料を博捜して、限りない共感とともに書きおろす最新力作評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 大正時代
  • 2 昭和六年まで
  • 3 主宰誌「花衣」
  • 4 昭和八年から十年まで
  • 5 句集出版の難航
  • 6 同人削除以後
  • 7 「国子の手紙」再考
  • 8 久女の没後

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 杉田久女
著作者等 坂本 宮尾
書名ヨミ スギタ ヒサジョ
書名別名 Sugita hisajo
出版元 富士見書房
刊行年月 2003.5
ページ数 269p
大きさ 20cm
ISBN 482917532X
NCID BA62015645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想