ドイツの都市と文化の風景 : ル・コルビュジエ・ハウスの暮らし

勝又洋子 著

著名な建築家ル・コルビュジエの設計した、ベルリンの「ル・コルビュジエ・ハウス」での暮らしを通し、ドイツでは建物・広場・城・自然や食の文化がいかに融合し、都市を造っているのか、21世紀の視点で見直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ル・コルビュジエ・ハウス(住むここと眺めること
  • 色彩のファサード ほか)
  • 第2部 ベルリンの歴史(湖沼の自由都市ベルリン
  • 陸の孤島 ほか)
  • 第3部 都市のファサード(都市のファサード
  • 建築芸術 ほか)
  • 第4部 暮らしと文化(ハウスマイスター
  • 誰だって祖国で暮らしたい ほか)
  • 第5部 ドイツのクリスマス(十二夜
  • グリューヴァインが香るクリスマスの市 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツの都市と文化の風景 : ル・コルビュジエ・ハウスの暮らし
著作者等 勝又 洋子
書名ヨミ ドイツ ノ トシ ト ブンカ ノ フウケイ : ル コルビュジエ ハウス ノ クラシ
シリーズ名 Ribun books
出版元 里文
刊行年月 2003.4
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4898060412
NCID BA62011961
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20403200
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想