古代葛城とヤマト政権

御所市教育委員会 編 ; 網干善教 ほか著

ヤマト政権と対峙した葛城とは?巨石の石室と特異な石棺の前期古墳群、武器・武具、銅鏡、埴輪などの豊富な副葬品、導水施設のある祭祀遺跡など奈良盆地の西端に蟠踞した豪族・葛城氏から古代ヤマト政権の実態を解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 講演 葛城をめぐって(葛城の古墳文化
  • 三角縁神獣鏡と葛城の前期古墳
  • 副葬品にみる葛城
  • 大和古墳群と葛城
  • 葛城氏と鴨氏)
  • 2 シンポジウム 葛城とヤマト政権-四世紀の主権内部の実像に迫る
  • 3 座談 条ウル神古墳とヤマト政権
  • 条ウル神古墳の評価をめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代葛城とヤマト政権
著作者等 和田 萃
御所市教育委員会
河上 邦彦
田中 晋作
石野 博信
福永 伸哉
網干 善教
藤田 和尊
木許 守
書名ヨミ コダイ カツラギ ト ヤマト セイケン
書名別名 Kodai katsuragi to yamato seiken
出版元 学生社
刊行年月 2003.5
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 4311202636
NCID BA61996460
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想