ディベートの基本がよくわかる説得・交渉の教科書

山中允 著

「だまし合い」「かけ引き」「相手を打ちのめす口論」…それらは全て間違いです。交渉の目的は「勝つこと」ではないのです。交渉は、目の前の相手とともに、成果を上げるためのものです。相手と信頼関係を築き、より満足のいく成果を上げる方法の一つなのです。本書では、交渉に必要な準備、コミュニケーションの重要性、戦略と戦術、説得力のある表現方法などを、いちから学びます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 交渉の基礎講座(「交渉力」とはどんな力か?
  • 交渉の目的は何か? ほか)
  • 第2章 交渉の成果とは何か?(本当に交渉が必要なのか考える
  • 交渉で求める成果を明確にする ほか)
  • 第3章 交渉の戦略(2つの交渉戦略とは?
  • 分配交渉の戦略とは? ほか)
  • 第4章 交渉の4段階と応用テクニック(交渉戦術のスタンダードとは?
  • 交渉の4段階とは? ほか)
  • 第5章 メッセージで説得する(説得力あるメッセージを作るには
  • 聞き手を分析するとは? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディベートの基本がよくわかる説得・交渉の教科書
著作者等 山中 允
書名ヨミ ディベート ノ キホン ガ ヨク ワカル セットク コウショウ ノ キョウカショ
書名別名 Dibeto no kihon ga yoku wakaru settoku kosho no kyokasho
出版元 アスカ・エフ・プロダクツ : 明日香出版社
刊行年月 2003.3
ページ数 181p
大きさ 21cm
ISBN 475690632X
NCID BA6199645X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想