アインシュタインの恋  上

デニス・オーヴァーバイ 著 ; 中島健 訳

あるのは可能性だけ、不遇な青春のアルベルトが如何にして20世紀最大の科学者となったのか。結婚の挫折から物理学への絶対的情熱まで、未公開書簡から浮かび上がる奔放な日常とその人間味。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 聖にして俗
  • 第1部 逃亡(旅の途上で
  • コーヒーハウス戦争
  • ハンガリーの薔薇
  • チェシャー猫の笑い
  • 家族の価値)
  • 第2部 相対的運動(白い世界
  • 逆転できない行為
  • 物理学の仲間
  • ボヘミアの海岸
  • 五月の六週間)
  • 第3部 家庭の革命論者(ブルジョアジーのひそかな魅力
  • 量子の疑問
  • 黴菌に囲まれて
  • 風呂が嫌いだった男
  • 魔女の宴)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アインシュタインの恋
著作者等 Overbye, Dennis
中島 健
オーヴァーバイ デニス
書名ヨミ アインシュタイン ノ コイ
書名別名 Einstein in love

Ainshutain no koi
巻冊次
出版元 青土社
刊行年月 2003.5
ページ数 382p
大きさ 20cm
ISBN 479176031X
NCID BA61970354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20559045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想