ヨーロッパ統合の国際関係論

坂井一成 編 ; 川村陶子 ほか著

国益追求と国際協調の両立。EUが示す21世紀の指針。先の見えない国際社会の協調と安定の鍵を握るEUの総合的理解を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヨーロッパ統合と国際関係論の視点
  • 第1部 ヨーロッパ統合と対外関係(フランス外交とヨーロッパ統合-ヨーロッパという活路とドゴール主義のジレンマ
  • ドイツとヨーロッパ統合-国民国家のハンディ、統合へのメリット
  • イギリスにおけるヨーロッパ政策の国内化-適応へのジレンマと政治構造の変容
  • ベネルクス三国とヨーロッパ統合-超国家的統合を目指す現実的調停者
  • 北欧諸国の対外政策と対ヨーロッパ政策-独自性の維持とヨーロッパ統合への接近・参加の両立)
  • 第2部 ヨーロッパ統合の諸断面(EUの共通外交・安全保障の展開-外交主体としての地位確立への模索
  • EUにおける立憲体制と市民的自由の保障-司法内務分野をめぐる統治の変容
  • EUの教育・文化交流政策-EUの「アイデンティティ」と「ソフトパワー」
  • 「多様性の中の統合」を目指すEU-地域・文化の多民性とアクターの多民化
  • ヨーロッパ統合のゆくえ-ニース条約とその後)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパ統合の国際関係論
著作者等 坂井 一成
五月女 律子
正躰 朝香
若松 邦弘
川村 陶子
書名ヨミ ヨーロッパ トウゴウ ノ コクサイ カンケイロン
出版元 芦書房
刊行年月 2003.4
ページ数 382p
大きさ 20cm
ISBN 4755611717
NCID BA61962855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20412047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想