音楽の授業における楽しさの仕組み

日本学校音楽教育実践学会 編

[目次]

  • 第1章 楽しさの諸相(楽しさが生まれるための要件
  • 養護学校高等部の実践事例 音・音楽との出会いと楽しさ
  • 小学校の実践事例 イメージをもってアイデアを発想する楽しさ-「黒鍵を使った音楽づくり」(5年生)をとおして ほか)
  • 第2章 楽しさが培うもの(小学校の実践事例 演奏においてできるようになること(表現の技能)と楽しさの関係
  • 中学校の実践事例 演奏表現においてわかること(知覚・感受)と楽しさの関係-「越天楽を演奏しよう 越天楽より越天楽らしく…」をとおして
  • 小学校の実践事例 創作においてわかること(知覚・感受)と楽しさの関係 ほか)
  • 第3章 楽しさを生む授業づくり(小学校の実践事例 楽しさを生む教材と授業構想-「アフリカのたいこで躍ろう」をとおして
  • 小学校の実践事例 楽しさを生む教材と授業構想-"八木節"を踊る6年生の授業
  • 小学校の実践事例 DTMを活用した楽しさを生む授業-イメージの実現を目指して ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽の授業における楽しさの仕組み
著作者等 日本学校音楽教育実践学会
書名ヨミ オンガク ノ ジュギョウ ニ オケル タノシサ ノ シクミ
シリーズ名 学校音楽教育実践シリーズ 4
出版元 音楽之友社
刊行年月 2003.3
ページ数 150p
大きさ 21cm
ISBN 4276311349
NCID BA61961262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20406891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想