伊予の山河

畦地梅太郎 著

遠く石鎚山を望み、伊予の街を歩く。畦地梅太郎は、久方振りに故郷の地を廻った。変わりつつある街の風景の中に、味わい深い風物と人の姿を見出し、故郷への愛を確信する。『山の眼玉』『山の出べそ』に続く、滋味溢れる異色の画文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 松山の町
  • 道後平野
  • 松前の町
  • 郡中の町
  • 犬寄峠
  • 中山町
  • 内子町
  • 五十崎町
  • 肱川
  • 鹿野川〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊予の山河
著作者等 畦地 梅太郎
書名ヨミ イヨ ノ サンガ
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2003.5
ページ数 221p
大きさ 16cm
ISBN 4582764673
NCID BA61960441
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20436400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想