英語教育のグランド・デザイン : 慶應義塾大学SFCの実践と展望

鈴木佑治 著

言語・コミュニケーション理論にもとづき、「発信型」英語教育の実践方法、教育効果を解説するとともに、1990年から12年間にわたる著者の「学生による授業評価」を公開。グローバル時代のコミュニケーション・ツールとしての英語の果たす役割は何か、情報化社会の中で英語を習得するにはどのような方法があるかなどをふまえ、次代の「英語教育プログラム」のグランド・デザインを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 SFCにおける英語教育(SFCの教育理念(1990〜2000)
  • 個別科学と知識伝授型の弊害 ほか)
  • 第2章 プロジェクト・クラスの軌跡(コミュニケーション重視-「発信型」授業を基盤として
  • 関心事の徹底的追求(問題のコンテンツ発見) ほか)
  • 第3章 成績評価と授業評価(学生の成績評価
  • 英語の4技能を向上させるプロジェクト・クラス ほか)
  • 第4章 カリキュラムVersion 2に伴う変革(カリキュラムVersion 2
  • 「モジュラー」という概念 ほか)
  • 第5章 21世紀グローバル英語プログラムのデザイン(グローバル時代のコミュニケーションとは
  • Global Englishは多様性に富む ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語教育のグランド・デザイン : 慶應義塾大学SFCの実践と展望
著作者等 鈴木 佑治
書名ヨミ エイゴ キョウイク ノ グランド デザイン : ケイオウ ギジュク ダイガク SFC ノ ジッセン ト テンボウ
書名別名 Eigo kyoiku no gurando dezain
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2003.4
ページ数 209p
大きさ 21cm
ISBN 4766409892
NCID BA61959420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20408833
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想