杉村春子 : 女優として、女として

中丸美繪 著

丹念な取材によって掘り起こされた新事実の数々。森本薫の和歌子夫人宛て書簡で明かされた「女の一生」誕生秘話。森本亡き後にめぐりあったGHQの恋人が明かす、終戦直後の恋愛。文学座分裂をスクープした記者による、報道されなかった杉村の心情。その他、福田恒存との葛藤、三島由紀夫作「喜びの琴」上演中止など、戦後の新劇界を揺るがした事件の真相に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 誕生
  • 第2章 築地小劇場へ
  • 第3章 築地座
  • 第4章 文学座創立
  • 第5章 劇作家森本薫
  • 第6章 敗戦
  • 第7章 GHQの男
  • 第8章 新しい体制
  • 第9章 欲望
  • 第10章 分裂
  • 第11章 華々しき舞台

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 杉村春子 : 女優として、女として
著作者等 中丸 美絵
書名ヨミ スギムラ ハルコ : ジョユウ ト シテ オンナ ト シテ
出版元 文藝春秋
刊行年月 2003.3
ページ数 509p
大きさ 20cm
ISBN 4163595309
NCID BA61955576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想