建築における「日本的なもの」

磯崎新 著

"建築"が表象するのは国家の欲望なのか?旧時代を打破する革命の予兆なのか?西欧モダニズムを独自の形で変形し受容した日本近代建築の変遷を大胆に再構成し、自らの活動を見つめ直す表題作ほか、イセ、重源、カツラからインターネット時代の新都市像まで、世界的建築家による日本=建築論の記念碑的集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 建築における「日本的なもの」(「趣味」と「構成」
  • 「構築」と「空間」 ほか)
  • 第2章 カツラ-その両義的な空間(近代主義による読解(ブルーノ・タウト
  • 堀口捨己
  • 丹下健三)
  • 雁行‐配置 ほか)
  • 第3章 重源という問題構制(純粋幾何学形態
  • 天笠様 ほか)
  • 第4章 イセ-始源のもどき(イセという問題構制
  • 持続のなかのアイデンティティ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築における「日本的なもの」
著作者等 磯崎 新
書名ヨミ ケンチク ニ オケル ニホンテキナ モノ
出版元 新潮社
刊行年月 2003.4
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 410458701X
NCID BA61955215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20415578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想