中国考古の重要発見

黄石林, 朱乃誠 著 ; 高木智見 訳

中国では一九八〇年代以降の発掘ラッシュで、これまでの中国の歴史や文化に関する通念や一般常識があっさりとくつがえされるような考古学の大発見が続出している。本書は、こうした最新の情報を整理し、その全体像を鮮明に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 先史時代(北京原人およびさらに早期の遺跡
  • 七、八千年前の農耕文明
  • 半坡、姜寨などの原始村落 ほか)
  • 2 夏・商・周時代(夏文化の探索と陶寺遺跡、二里頭文化
  • 二里頭遺跡と偃師、鄭州の商城
  • 安陽殷墟の宮殿遺跡と婦好墓 ほか)
  • 3 秦漢およびそれ以降の時代(秦の咸陽宮と始皇帝陵の兵馬俑坑
  • 漢の長安城と未央宮遺跡
  • 長沙馬王堆漢墓と臨沂銀雀山漢墓 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国考古の重要発見
著作者等 朱 乃誠
高木 智見
黄 石林
書名ヨミ チュウゴク コウコ ノ ジュウヨウ ハッケン
書名別名 Chugoku koko no juyo hakken
シリーズ名 中国文化史ライブラリー 3
出版元 日本エディタースクール出版部
刊行年月 2003.4
ページ数 364p
大きさ 19cm
ISBN 4888883300
NCID BA61954278
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20401964
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想