昭和の軍閥

高橋正衛 著

政治腐敗や深刻な不況に揺らぐ昭和初期、充満する憤懣は改革、革命の熱気を醸成した。軍部には「世論ニ惑ハズ政治ニ拘ラズ」(軍人勅諭)の伝統を覆えさんとする軍人が現れ、軍閥を形成する。皇道派対統制派、幕僚対青年将校等の対立を内に蔵しつつも、彼らは軍の枠を超え出て国家を掌握。日本を支配し、破滅へと猛進した昭和軍閥の生成とその実態を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 軍隊を考える基礎的事項
  • 1 軍閥を生みだしたもの
  • 2 昭和軍閥の歩み
  • 3 隊付将校
  • 4 四つの事件
  • 5 昭和の軍閥
  • 6 戦争への道
  • 7 結び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昭和の軍閥
著作者等 高橋 正衛
書名ヨミ ショウワ ノ グンバツ
書名別名 Showa no gunbatsu
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.5
ページ数 316p
大きさ 15cm
ISBN 4061595962
NCID BA61927592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20401372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想