魏晋南北朝

川勝義雄 著

秦漢と隋唐の巨大帝国にはさまれた四百年におよぶ大分裂時代。専制君主なき群雄割拠の混迷の中から王羲之、顧〓@4ED0@之、陶淵明、『文選』など、壮大な文化は出現した。後世の中国にあらゆる面で多大な影響を残す"華やかな暗黒時代"。その爛熟してゆく「貴族制社会」の形成、変容、崩壊の変遷を詳細に読み解き、中国文明の構造と特質を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 壮大な政治的分裂時代
  • 第2章 中国文明圏の拡大
  • 第3章 貴族制社会形成への序曲-二世紀の華北
  • 第4章 貴族制社会の成立-三世紀の華北
  • 第5章 開発領主制的社会-三世紀の江南
  • 第6章 貴族制社会の定着-四世紀の江南
  • 第7章 貴族制社会の変容-五〜六世紀前半の江南
  • 第8章 貴族制社会の崩壊-六世紀後半の江南
  • 第9章 異民族諸国家の形成-四世紀の華北
  • 第10章 北魏帝国と貴族制-五世紀の華北
  • 第11章 貴族制国家から府兵制国家へ-六世紀の華北

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 魏晋南北朝
著作者等 川勝 義雄
書名ヨミ ギ シン ナンボクチョウ
書名別名 Gi shin nanbokucho
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2003.5
ページ数 493p
大きさ 15cm
ISBN 4061595954
NCID BA61927253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20401377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想