環境会計最前線 : 企業と社会のための実践的なツールをめざして

國部克彦, 梨岡英理子 監修 ; 地球環境戦略研究機関 (IGES) 関西研究センター 編

企業における環境保全活動と経済活動を結びつける必須の手段として普及しはじめた環境会計。第二段階に入っているといっていい今こそ、もう一度原点に立ち返り、方向を見定めなければならない。最新の議論と情報を提供し、実例も入れてわかりやすく解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 環境会計の目指すべき方向性
  • 第1部 企業のための環境会計:環境管理会計の展開(環境配慮型コストマネジメントの現状と課題
  • マテリアルフローコスト会計の意義と展望
  • 環境会計における設備投資
  • 環境配慮型業績評価システム
  • ISO14001と環境会計の課題)
  • 第2部 社会のための環境会計:外部環境会計の展開(財務会計における「環境会計」
  • 環境省環境会計ガイドライン2002年版の意義と課題
  • 日本企業の環境会計情報開示の現状と課題
  • 環境会計における効果の金額換算
  • 環境評価手法の環境会計への応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境会計最前線 : 企業と社会のための実践的なツールをめざして
著作者等 国部 克彦
地球環境戦略研究機関
地球環境戦略研究機関関西研究センター
梨岡 英理子
地球環境戦略研究機関(IGES)関西研究センター
書名ヨミ カンキョウ カイケイ サイゼンセン : キギョウ ト シャカイ ノ タメノ ジッセンテキナ ツール オ メザシテ
書名別名 Kankyo kaikei saizensen
出版元 省エネルギーセンター
刊行年月 2003.3
ページ数 307p
大きさ 21cm
ISBN 4879732559
NCID BA61922453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20390345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想