日本律令制の展開

笹山晴生 編

[目次]

  • 僧尼の公験について
  • 光明皇太后没後の坤宮官-その写経事業をめぐって
  • 「法華滅罪之寺」の思想背景-奈良国家仏教における『法華経』と『最勝王経』
  • 五月一日経願文作成の背景
  • 上野国分寺の創建-瓦生産から見た国分寺創建の一様相
  • 薩摩国分寺の成立と展開
  • 平安初期における天皇家産機構の土地集積
  • 初期の摂政・関白について
  • 古代の学問と「類聚」-宇多天皇宸筆『周易抄』をめぐって
  • 大臣大饗管見〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本律令制の展開
著作者等 笹山 晴生
書名ヨミ ニホン リツリョウセイ ノ テンカイ
書名別名 Nihon ritsuryosei no tenkai
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2003.5
ページ数 491p
大きさ 22cm
ISBN 4642023933
NCID BA61921938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409908
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想