税制・社会保障の基本構想

日本総合研究所調査部経済・社会政策研究センター 編

日本経済再生のためには、国民の不安を払拭する構造改革が不可欠だ。本書は、税制と社会保障制度のあるべき姿を整合的に描き出した好著である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済再生をサポートする税制-インセンティブ税制の構築
  • 第2章 レーガン税制再考-日本の税制改革への示唆
  • 第3章 配偶者控除の見直し-少子化・子育てと一体で
  • 第4章 所得税-課税ベースの拡大と税体系のフラット化
  • 第5章 企業課税-実効税率の引下げと外形標準課税
  • 第6章 金融・証券税制-インセンティブ税制の強化を
  • 第7章 日本型二元的所得税-リスク・テイクを促進する税制
  • 第8章 公的年金-世代間格差是正を
  • 第9章 サステイナブルな医療制度の構築-シルバー保険制度と効率化プログラム
  • 第10章 税制改革のグランド・デザイン-戦略とスケジュール

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 税制・社会保障の基本構想
著作者等 日本総合研究所 (1989年)
日本総合研究所調査部経済・社会政策研究センター
日本総合研究所調査部経済社会政策研究センター
書名ヨミ ゼイセイ シャカイ ホショウ ノ キホン コウソウ
書名別名 Zeisei shakai hosho no kihon koso
出版元 日本評論社
刊行年月 2003.4
ページ数 272p
大きさ 21cm
ISBN 4535553408
NCID BA61916097
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20399169
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想