中高年自殺 : その実態と予防のために

高橋祥友 著

一九九八年以降、日本の自殺者数が連続して三万人を上回り、大きな社会問題となっている。この数は、実に交通事故死の三倍以上にもなる。その内訳をみると、もともと自殺者に占める割合の高い中高年男性の自殺者数が、さらに増えている。働き盛りの自殺を防ぐために何ができるのか。自殺予防研究の第一人者である精神科医が、自殺者急増の背景を分析するとともに、どのような人に自殺の危険が高いのか、また周囲の人や医師などが自殺予防をどのように行っていけばよいのか、具体的に明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の自殺の現状(自殺総数の推移
  • 中高年の自殺の増加 ほか)
  • 第2章 世界の自殺、日本の自殺(日本の自殺についてのステレオタイプ
  • 世界の自殺 ほか)
  • 第3章 こころの病とその治療法(こころの病についての基礎知識
  • うつ病-体の不調とこころの不調 ほか)
  • 第4章 働き盛りの自殺を防ぐには(自殺の危険の高い人に共通する心理
  • どのような人に危険が迫るのか ほか)
  • 第5章 不幸にして自殺が起きてしまったときに(自殺、そして遺された人々
  • 遺された人々の心理 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中高年自殺 : その実態と予防のために
著作者等 高橋 祥友
書名ヨミ チュウコウネン ジサツ : ソノ ジッタイ ト ヨボウ ノ タメニ
書名別名 Chukonen jisatsu
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2003.5
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 4480061126
NCID BA61903459
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20419337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想