サイバー・メディア・スタディーズ : 映像社会の〈事件〉を読む

ケヴィン・ロビンス 著 ; 田畑暁生 訳

湾岸戦争、テレ‐トポロジー、ヴァーチャル・コミュニティ、SDI、ツイン・ピークス、ニンテンドウ戦争…さまざまな事象や事件を通して、現代メディアはわれわれにどのような影響をおよぼしているのだろうか。映像が世界を理解するためのツールであるよりも、世界の出来事を隠蔽し否認するためにあるとしたら…見る者は、自信の恐怖を回避するために、恐怖を映し出した映像の中で自己代償の快楽を感じ、幼児性の万能感を育てていく。生きた経験を喪失した人々たち…イギリスのカルチュラル・スタディーズ研究の第1人者が、文化/政治の次元からサイバー・メディア時代の映像を徹底検証する。「視覚帝国主義」に警鐘を鳴らし、9.11を予言する超映像論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 イントロダクション 映像テクノロジーと視覚文化
  • 1 未知なるものとの接触
  • 2 スクリーンの空間
  • 3 戦争の光景
  • 4 電脳空間と、われわれの生きる世界
  • 5 映像を消費する:象徴的なものからサイコティックなものへ
  • 6 視界の中の都市
  • 7 映像は依然われわれを感動させるだろうか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サイバー・メディア・スタディーズ : 映像社会の〈事件〉を読む
著作者等 Robins, Kevin
田畑 暁生
ロビンス ケヴィン
書名ヨミ サイバー メディア スタディーズ : エイゾウ シャカイ ノ ジケン オ ヨム
書名別名 Into the image
シリーズ名 Cine lesson 別冊
出版元 フィルムアート社
刊行年月 2003.4
ページ数 243p
大きさ 21cm
ISBN 4845903458
NCID BA61891972
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20547588
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想