誰のための人権か : 人権擁護法と市民的自由

田島泰彦, 梓澤和幸 編著

公権力による人権侵害に立ち向かえないばかりか、市民・メディアの表現・報道の自由に不当に介入し、規制する人権擁護法案の本質を批判的に検討。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 人権擁護法とは何か-人権擁護法案の概要と表現・メディア規制の動向(人権擁護法とは何か
  • 表現・メディア規制の動向と個人情報保護法案 ほか)
  • 第2章 条文解説-人権擁護法案の批判的検討(総則
  • 人権委員会と人権擁護委員 ほか)
  • 第3章 徹底討論 座談会・人権擁護法案の検討(佐久間達哉
  • 梓沢和幸
  • 田島泰彦)
  • 第4章 比較研究 「メディアと人権救済」の国際動向(イギリス-ヨーロッパの動向にも触れて
  • アメリカ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 誰のための人権か : 人権擁護法と市民的自由
著作者等 梓沢 和幸
田島 泰彦
書名ヨミ ダレ ノ タメノ ジンケン カ : ジンケン ヨウゴホウ ト シミンテキ ジユウ
書名別名 Dare no tameno jinken ka
出版元 日本評論社
刊行年月 2003.5
ページ数 323p
大きさ 19cm
ISBN 4535513872
NCID BA61881549
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20404275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想