近世日本社会と儒教

黒住真 著

現代の地平から忘却された「儒教」の発見。複数的過程として進行した徳川思想史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 近世社会の儒教(徳川前期儒教の性格
  • 儒学の体系化-仁斎・徂徠の思想構築
  • 儒学と近世日本社会 ほか)
  • 第2部 伊藤仁斎(伊藤仁斎の「道」-善定立の姿にみる
  • 伊藤仁斎の思想と詩歌
  • 伊藤仁斎の倫理-基底場面をめぐって)
  • 第3部 荻生徂徠(活物的世界における聖人の道-荻生徂徠の場合
  • 徂徠学における「道」の様態
  • 荻生徂徠-差異の諸局面 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近世日本社会と儒教
著作者等 黒住 真
書名ヨミ キンセイ ニホン シャカイ ト ジュキョウ
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2003.4
ページ数 569, 14, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4831510289
NCID BA61870134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20400743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想