年金術

伊藤雄一郎 著

新年金システム「401k」を導入する企業が続出している。これまで企業まかせ・国まかせにしてきた年金を、自分の責任において運用するものだ。折しも二〇〇四年は五年ごとにやってくる年金制度改正の年。さて、私たちは年金のことをどれほど知っているというのだろう。心の準備も知識もなしに自己責任で運用したりできるのだろうか。401kにまつわる様々な誤解・疑問に答えながら、老後資金づくりのノウハウを伝授する、錬金術ならぬ年金術。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本版401kをめぐる10の誤解
  • 第1章 401k導入の現場
  • 第2章 401kは、どんな年金システムか?
  • 第3章 年金制度・社会保障はこう変化してきた
  • 第4章 401kで先行するアメリカ
  • 第5章 日本版401kのゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 年金術
著作者等 伊藤 雄一郎
書名ヨミ ネンキンジュツ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2003.4
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 4166603140
NCID BA61853714
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20409486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想