個人とエスニシティの文化人類学 : 理論を目指しながら

前山隆 著

本書は、著者が過去四〇年の間文化人類学的研究を実践してくるうえで理論的な発想を平素よりも、やや強く念頭において執筆したもの、やや一般性の色濃いと判断された論文・エッセイ一三篇を一本にまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 構造と個人(社会人類学における構造と個人-"Person"概念からの照射
  • 現象学的人類学と文化の定義-クリフォード・ギアツの人類学との関連で ほか)
  • 第2部 エスニシティとポスト植民地主義(民族-この二〇世紀の「妖怪」
  • エスニシティ研究の展開-部族主義論から一九七五年まで ほか)
  • 第3部 ライフ・ヒストリー研究(ライフ・ヒストリーを取材する-個人と主観性の文化人類学
  • 社会的イベントの人類学-ライフ・ヒストリー研究法考察のために)
  • 第4部 方法は「私」である(ブラジルで日本人を人類学する-「エスニック日本論」への道
  • グローバル時代の民族とアイデンティティ-方法の問題として)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 個人とエスニシティの文化人類学 : 理論を目指しながら
著作者等 前山 隆
書名ヨミ コジン ト エスニシティ ノ ブンカ ジンルイガク : リロン オ メザシナガラ
シリーズ名 阪南大学叢書 68
出版元 御茶の水書房
刊行年月 2003.3
ページ数 355, 24p
大きさ 22cm
ISBN 4275019695
NCID BA61852802
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435840
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想