中国経済の数量分析

大西広, 矢野剛 編

〓@68B0@小平によって始められた経済改革の成果を明らかにするとともに、WTO加盟や自由貿易協定締結に伴う国際関係の変化を検討する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 〓@68B0@小平路線の歴史的意味
  • 第1部 ミクロ企業改革(国有企業-国有企業改革のタイムスケジュールからみた漸進改革の評価
  • 郷鎮企業-郷鎮企業の抱える問題
  • 外資企業-外資の役割と影響)
  • 第2部 成長政策とマクロコントロール(中国経済のマクロコントロール
  • 中国の漸進的金融改革-課題と展望
  • 増大するエネルギー消費と環境政策 ほか)
  • 終論 能動に転じる国際関係

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国経済の数量分析
著作者等 大西 広
木下 英雄
白石 麻保
矢野 剛
黄 愛珍
任 文
毛 三良
雪合来堤 馬合木堤
馬 志明
黄 明雲
尹 清洙
書名ヨミ チュウゴク ケイザイ ノ スウリョウ ブンセキ
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2003.5
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 4790709930
NCID BA61848689
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20400032
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想