専門職としての臨床心理士

ジョン・マツィリア, ジョン・ホール 編 ; 下山晴彦 編訳

臨床心理士は、メンタルヘルスの問題だけでなく、問題行動や身体疾患に付随する心理的苦悩に関わり、そのような事態についての心理学的理解を絶えず深めてきた。そして、心理学的理解の蓄積は、新しい理論や新たな実践のかたちの開発につながってきている。イギリスにおいては、この20年間に臨床心理士の数は、顕著な増加をみている。また、臨床心理士が活動する臨床の場や社会的ケアの場は、多様な方向に拡大している。本書は、そのような発展や多様化について具体的に解説するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 臨床心理学の専門性(臨床心理学とは何か
  • 臨床心理学の活動における他者との協働 ほか)
  • 2 発達と臨床心理学(小児と少年のための臨床心理サービス
  • 成人のための臨床心理サービス ほか)
  • 3 障害と臨床心理学(知的障害への臨床心理サービス
  • 犯罪と反社会的問題への臨床心理サービス ほか)
  • 4 臨床心理学の展開(神経心理学と臨床心理士の活動
  • 健康心理学と臨床心理士の活動 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 専門職としての臨床心理士
著作者等 Hall, John
Marzillier, John S
下山 晴彦
Marzillier John
ホール ジョン
マツィリア ジョン
書名ヨミ センモンショク ト シテノ リンショウ シンリシ
書名別名 What is clinical psychology? (3rd ed.)
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2003.4
ページ数 435p
大きさ 22cm
ISBN 4130111124
NCID BA61833091
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20435912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想