バカの壁

養老孟司 著

イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。いつの間にか私たちは様々な「壁」に囲まれている。それを知ることで気が楽になる。世界の見方が分かってくる。人生でぶつかる諸問題について、「共同体」「無意識」「身体」「個性」「脳」など、多様な角度から考えるためのヒントを提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「バカの壁」とは何か
  • 第2章 脳の中の係数
  • 第3章 「個性を伸ばせ」という欺瞞
  • 第4章 万物流転、情報不変
  • 第5章 無意識・身体・共同体
  • 第6章 バカの脳
  • 第7章 教育の怪しさ
  • 第8章 一元論を超えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バカの壁
著作者等 養老 孟司
書名ヨミ バカ ノ カベ
書名別名 Baka no kabe
シリーズ名 新潮新書
出版元 新潮社
刊行年月 2003.4
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 4106100037
NCID BA61830253
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20395460
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想