信用秩序政策の再編 : 枠組み移行期としての1990年代

佐藤隆文 著

本書は、著者が名古屋大学経済学部・大学院経済学研究科(国際経済動態研究センター)に1999年夏から2001年夏まで在勤した間に、信用秩序政策というテーマをめぐって調査し模索した結果をとりまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 金融破綻の一般化とその含意
  • 第2章 枠組み移行期としての1990年代
  • 第3章 金融破綻処理の枠組みとその変遷
  • 第4章 新しい預金保険制度の意義
  • 第5章 自己資本比率規制の枠組みとその進展
  • 第6章 自己資本比率規制の政策効果:1990年代日本の経験

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信用秩序政策の再編 : 枠組み移行期としての1990年代
著作者等 佐藤 隆文
書名ヨミ シンヨウ チツジョ セイサク ノ サイヘン : ワクグミ イコウキ ト シテノ 1990ネンダイ
シリーズ名 名古屋大学国際経済動態研究センター叢書 9
出版元 日本図書センター
刊行年月 2003.2
ページ数 330p
大きさ 22cm
ISBN 4820587676
NCID BA61828353
BA62481455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20386202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想