臨床的人間形成論へ : ライフサイクルと相互形成

田中毎実 著

ホスピタリズム、児童虐待、老いと死の受容-ライフサイクルの各段階で成熟はどのようになされるのか?異世代間で相互性はどう生きられるのか?発達・教育中心の教育学的枠組みを突き抜ける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 教育から人間形成へ
  • 第1章 ホスピタリズム-子どもの人間形成論
  • 第2章 自閉と漂流-青年の人間形成論
  • 第3章 児童虐待-おとなの人間形成論
  • 第4章 老いと死の受容-老人の人間形成論
  • 第5章 臨床的人間形成論へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床的人間形成論へ : ライフサイクルと相互形成
著作者等 田中 毎実
書名ヨミ リンショウテキ ニンゲン ケイセイ ロン エ : ライフ サイクル ト ソウゴ ケイセイ
書名別名 Rinshoteki ningen keisei ron e
シリーズ名 教育思想双書 3
出版元 勁草書房
刊行年月 2003.4
ページ数 299, 20p
大きさ 20cm
ISBN 4326298758
NCID BA61828171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20393522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想