「アジア」はどう語られてきたか : 近代日本のオリエンタリズム

子安宣邦 著

いま、「アジア」認識を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 『文明論之概略』とアジア認識
  • 1 「世界史」とアジアと日本
  • 2 ヘーゲル「東洋」概念の呪縛
  • 3 昭和日本と「東亜」の概念
  • 4 何が問題なのか-広松渉「東亜新体制」発言をめぐって
  • 5 東洋的社会の認識
  • 6 大いなる他者-近代日本の中国像
  • 7 「東亜」概念と儒学
  • 8 近代中国と日本と孔子教
  • 9 「日本一国文明史」の夢想

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「アジア」はどう語られてきたか : 近代日本のオリエンタリズム
著作者等 子安 宣邦
書名ヨミ アジア ワ ドウ カタラレテキタカ : キンダイ ニホン ノ オリエンタリズム
書名別名 Ajia wa do katararetekitaka
出版元 藤原書店
刊行年月 2003.4
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 4894343355
NCID BA61825435
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20404867
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想