心にしみる教科書の歌

川崎洋 著

本書では、歌にまつわる著者自身の思い出、歌に触発されたイメージ、あるいは歌詞の言葉をめぐる随想、また時にはその歌の誕生をめぐるエピソードなどを記しました。また、歌に因んだ昔話、説話、伝承、ことわざ、落語、替え歌などを気ままに取り上げ、わたし自身大いに楽しみながら書きました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 動物の歌(ぞうさん
  • おつかいありさん ほか)
  • 友といっしょに(ドレミの歌
  • 手をたたきましょう ほか)
  • 懐かしきふるさと(荒城の月
  • 夜汽車 ほか)
  • 四季の歌(どこかで春が
  • うぐいす ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心にしみる教科書の歌
著作者等 川崎 洋
書名ヨミ ココロ ニ シミル キョウカショ ノ ウタ
書名別名 Kokoro ni shimiru kyokasho no uta
出版元 いそっぷ社
刊行年月 2003.4
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 4900963208
NCID BA61819818
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20559205
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想